第8回宮古市社会福祉大会『地域でささえあう福祉活動をめざして』開催報告
  第8回宮古市社会福祉大会は、市民・福祉関係者等250名を越える来場をいただき、宮古市で暮らす住民が、住み慣れた地域でいつまでも暮らし続けられ、日々の生活と地域住民との交流や社会活動への参加の機会が広がるよう、多年にわたり社会福祉の発展に寄与された方々等の顕彰と、これからのより良い町づくりに向け「みやっこがつながるまちづくり」をテーマにシンポジウムを開催しました。
と   き
平成25年11月17日(日)午後1時~
と こ ろ
宮古市総合福祉センター 3階「健やかホール」
主   催: 社会福祉法人宮古市社会福祉協議会    
共   催: 宮古市、岩手県共同募金会宮古市共同募金委員会
  宮古市民生委員児童委員協議会   
   
大会役員: 大会名誉会長 宮古市長 山 本 正 徳
  大会長   宮古市社会福祉協議会会長 飛 澤 和 夫
  大会副会長 宮古市社会福祉協議会副会長 赤 沼 正 清
    宮古市社会福祉協議会副会長 太 田 正 吉
  大会委員 信 夫 孝 行、 横 田 大 樹、 刈 屋 裕 之
    佐々木   登、 木 村 一 夫、 中 村 吉 德
    工  藤   武、 和 美    晋、 木 下    一
    山 崎 博 司、 古 舘 利 美、 岩 間 正 一
    畠 山 和 雄、 大久保 康 雄、 中 野 安 廣
    小 川 一 雄、 木 村 清 勝、 野 﨑 昭 敏
    小 成 文 男、 草 木    登、 北 舘    進
    渡 部 忠 雄、 林 本 卓 男、 中 嶋 隆 子
    袰 岩 昭 雄、 古 舘 多美子、 野 﨑    正
    泉 正    一、 古 舘 ふさ子、 中 舘 健 一
    井 畑 克 雄、 中 村 邦 昭、 浅 沼 國 治
    藤 田 博 範、 昆 野 孝 史、 佐々木 りほ子
    高 橋    智、 山 崎 セ ツ、 村 上 秀 樹
    瀬 川 康 平、 斎 藤 玲 子、 上 野 政 代
    横 坂 一 明、 佐 藤 健太郎、 小 林    学
    山 崎 正 明、    
【表彰】
【シンポジウム】

式   典: 【表彰】    
  宮古市長感謝状 多年にわたり民生児童委員として社会福祉の増進に貢献した方々に感謝状を贈ります。 
     
  宮古市社会福祉大会長表彰 「多年にわたり民生委員児童委員として社会福祉の増進に貢献した方々」「多額寄付を行い、社会福祉事業に対して経済的援助を行った方々」「多年にわたりボランティア活動を行い、社会福祉の増進に貢献した方々」「多年にわたり共同募金運動の活動を行い、社会福祉の増進に貢献した方々」に表彰状を贈ります。
     
  宮古市社会福祉大会長褒賞 多年にわたり、在宅要援護者の介護にあたっている方々を褒賞します。
     
  宮古市社会福祉大会長感謝状 「東日本大震災において当市に多額寄付及び資材等の支援を行った方々」「東日本大震災において当市で長期にわた
り支援を行った方々」に感謝状を贈ります。
     
  岩手県共同募金会長感謝状 多年にわたり、共同募金に協力し社会福祉の増進に貢献した方々に感謝状を贈ります。

  私たち住民は、豊かに将来に希望がもてるまちづくりを理想とし、住民活動などに参加することで地域の一員としての役割と地域環境等の充実に取り組んできました。
  今日の住民らによる福祉活動への参加は、時代背景に添いながら将来の地域の安心・安全につながるものであったと認識していますが、地域を取り巻く多様なニーズや新たな課題、団塊の世代で高齢化のピークを迎えようとする中で、さらなる地域住民の参画と支え合う気持ちで豊かなまちづくりを進めて行かなければなりません。
  また、宮古市は東日本大震災の発生により、まだまだ復興に向けた取り組みが必要ですが、住民として取り組む方向性はこれからも変わることなく「だれもが安心して暮らせる地域づくりを目指すこと!」が求められています。
  今大会では、宮古市に暮らすすべての住民が地域福祉を構成する一員として理解を深めながら、地域福祉の増進のために取り組むことを誓い、次のとおり宣言いたします。
   
 一、 すべての住民が地域の一員として交流と住民活動への参加に努め、ふれあいのあるまちづくりを進めます。
   
 一、 地域福祉関係者は、すべての住民に地域福祉活動情報の提供を心がけ、住民が参画しやすい環境づくりに努めます。
   
 一、 福祉活動に携わる人材の養成・育成を図り、地域福祉ニーズの要請に応えます。
   
 一、 行政、福祉関係団体・機関及び幅広い分野の活動主体が連携し、地域の活動が充実するよう努めます。
   
 一、 すべての住民が、より良いまちづくりを目指して地域福祉活動計画づくりに取り組みます。