本文へスキップ

自分の町を良くするしくみ。「宮古市共同募金委員会」 Miyako Community Chest Committee

「歳末たすけあい運動」
Year-end mutual aid donation

「歳末たすけあい運動」に皆さまのご協力をお願いいたします!

今年も12月1日から31日までの期間、全国一斉に歳末たすけあい運動が行われます。
皆様から寄せられた募金は、年末年始にあたり「介護人」「在宅心身障がい児・者」の激励及び地域の将来を担う「出生世帯」へのお祝いを予定しています。
また、当事者会・親の会等が行う年末年始の催しへは「地域福祉活動団体配分」を、地域等が一人暮らし高齢者や被災者等を対象とした年末年末年始の催しへ「地域福祉活動事業配分」を行います。
皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。

運動期間/12月1日〜12月31日

【配分対象世帯の皆さまへ】

平成27年度最終の在宅者配分(「在宅介護者」、「在宅心身障がい児・者」、「出生」)申請受付は、平成28年1月20日(水)までとなります。申請期限までに共同募金委員会地区事務所まで、ご連絡をお願いします。
※各年毎の「歳末たすけあい募金」をもとに配分しておりますので、締切にご理解の程よろしくお願いいたします。

歳末たすけあい運動「在宅者配分」
平成27年度歳末たすけあい運動「在宅者配分」について、次のとおり計画しています。地域の福祉協力員さん、民生委員さん等が世帯調査にお伺いすることがありますので、ご協力をお願いします。
また、今年度「出生世帯」の対象は、『平成26年12月2日から平成27年12月1日生まれのお子さん』となります。
今年度の歳末たすけあい運動募金からの配分のため、期間内の世帯への配分となりますので、地域の民生委員さん、または宮古市共同募金委員会各事務局までご連絡をお願いします。
  • 「在宅介護者」配分
    日常寝たきりの状態にある高齢者及び認知症高齢者を介護している世帯に助成します。
  • 「在宅心身障がい児・者」 配分
    日常生活全てに介護を要する状態にある在宅心身障がい児・者に配分します。
  • 「出生世帯」 配分
    宮古市内に現に在住し、平成26年12月2日から平成27年12月1日までの間に出生した世帯に配分します。
地域福祉活動事業への配分【申請】のご案内
地域福祉活動「事業配分」について、次のとおり申請の受付を行います。申請期間内に実施要綱をご確認の上お申し込みください。
>>申請期間:平成27年11月1日(日)から11月30日(月)まで
>>申込み先:宮古市共同募金委員会各事務所
  • 「みんなでささえあう あったかい地域づくり支援事業」
    宮古市内に活動の拠点を置き、小地域で住民を対象としあ福祉活動を展開している非営利目的の住民グループ、団体等が実施する事業に助成します。
    年末年始に行われる事業に必要な器具・機材の購入や消耗品、調理のための材料・光熱費等、1団体6万円(負担率80%)を上限に助成します。
       『みんなでささえあう あったかい地域づくり支援事業』 
       要綱、申込用紙は こちらから!  要綱、申込用紙は こちらから!
  • 「被災者支援活動事業」
    宮古市内の被災者と地域住民を対象とした事業を行うことを目的とし、非営利のグループ・団体が実施する事業に助成します。
    年末年始に被災者と住民との交流を目的に行われる事業の経費として、参加者一人当たり1,000円を助成します。 
       『被災者支援活動事業』
       要綱、申込用紙は こちらから!  要綱、申込用紙は こちらから!  

岩手県共同募金会宮古市共同募金委員会

〒027-0038
岩手県宮古市小山田二丁目9-20/宮古市総合福祉センター内

TEL 0193-64-5050
FAX 0193-64-5055

歳末たすけあいQ&A
Q.「歳末たすけあい運動の募金」は、どのように配分されるのですか?
A.歳末たすけあい運動で協力いただいた募金は、その年度内の事業等に配分されます。年度毎の運動であるため配分を翌年度に繰り越すことはできません。
なお、余剰金が発生した場合は、翌年度の地域福祉活動費に充てられます。
Q.「事業申請・配分等問い合わせ先」を教えて下さい。
A.お住まいの地域の宮古市共同募金委員会各事務所にお問い合わせください。各事務所は、宮古市社会福祉協議会各センター内にございます。
■宮古地区事務所
TEL 0193-64-5050
■田老地区事務所
TEL 0193-87-2224
■新里地区事務所
  TEL 0193-72-3437
■川井地区事務所
  TEL 0193-76-2310