本文へ移動

社協のご案内

社会福祉協議会とは

社会福祉協議会とは、生涯を通して生き生きとした生活を送り、だれもが安心して暮らせる地域福祉を推進するために、地域の皆様やボランティア、福祉・保健・医療などの関係機関・団体の協力を求めながら実践していく、公共性の高い民間の非営利団体です。社会福祉法に基づいて全国に設置されています。
※社会福祉協議会を略して「社協(しゃきょう)」といいます。

概要

名称社会福祉法人宮古市社会福祉協議会
所在地〒027-0038 岩手県宮古市小山田2丁目9番20号
電話番号0193-64-5050
FAX番号0193-64-5055
代表者赤沼 正清
設立年月日2005年11月01日
経営理念
1.住民参加、協働による福祉社会の実現
2.地域における利用者本位の福祉サービスの実現
3.地域に根ざした総合的な支援体制の実現
4.地域の福祉ニーズに基づく先駆的な取り組みへのたゆまない挑戦
5.経営計画等を基礎に安定して地域福祉活動に取り組む体制の構築

沿革

法人沿革

平成17年11月
旧宮古市社会福祉協議会、旧田老町社会福祉協議会、旧新里村社会福祉協議会の合併によりあらたに宮古市社会福祉協議会を設立
平成18年4月
組織再編 ・地域福祉課を設置し、4部門体制とする。
移送サービスを道路運送法許可による輸送を開始する。(平成19年3月廃止)
平成19年4月
給与体系を新体系へ移行する。
組織再編 ・総務課施設係を地域施設課として設置。※8課体制
平成22年4月
川井村社会福祉協議会を廃し、宮古市社会福祉協議会と合併する。
・本所/宮古市総合福祉センター
・支所/宮古市高齢者福祉センター(旧川井村社協事務局)
・職員数274名
平成23年3月
東日本大震災による被災者支援のため宮古市災害ボランティアセンター設置。
平成23年9月に生活復興支援センターへ移行。津波による建物被害のため磯鶏老人福祉センター閉鎖。金浜老人福祉センターへ事務所移転。
平成25年12月
理事・評議員の定数見直し
理事 15名 → 11名
評議員 31名 → 25名
平成27年4月
生活困窮者自立支援事業の受託開始(宮古市及び沿岸広域振興局宮古保健福祉環境センター)
組織改編 ・地域福祉課に新たに生活支援係を設置
     ・川井支所を「川井センター」に変更
平成29年4月
社会福祉法改正に伴い、役員、評議員定数見直し
理事定数 6~11名、監事定数 3名以内 評議員定数 13~25名
平成30年2月
かわい地域包括支援センターの受託を開始
平成30年7月
たろう地域包括支援センターおよびにいさと地域包括支援センターの受託を開始
平成30年10月
みやこ河南地域包括支援センターの受託を開始

交通アクセス

住所:〒027-0038 岩手県宮古市小山田2丁目9番20号
アクセス:JR宮古駅/三陸鉄道宮古駅 徒歩約20分 岩手県北バス合同庁舎前 徒歩約5分
 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 0193-64-5050
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
TOPへ戻る